痛みの原因を考え、最適な治療を行っていく

休診日
facebook twitter google+
急な痛み(ケガ) 急な痛み(ケガ)
ケガの治療だけでなく
日常生活・スポーツ復帰まで
トータル治療

私たちは骨・関節・筋肉の痛みのスペシャリストです!

治療対象

 1. 骨折
 2. 脱臼
 3. 捻挫
 4. 打撲
 5. 挫傷

<例>
・首の痛み:寝違えなど
・肩の痛み:腱板損傷など
・うでの痛み:腱鞘炎、テニス肘、突き指など
・背中・腰の痛み:ぎっくり腰など
・太ももの痛み:肉離れなど
・膝の痛み:膝の捻挫、靭帯・半月板損傷など
・足の痛み:アキレス腱損傷、足関節捻挫、足指の突き指など

当院の院長は整形外科にてケガの症例を数多く診てきましたので、
もし急な痛みが出た場合はご相談ください!

※骨折・脱臼については医師と連携を取り、医師の同意の上で治療を行います。

治療方法について

ケガの治療から日常生活・スポーツ復帰までトータルで治療してきます!

1. 除痛・回復促進
痛みの改善と組織回復を促す特殊電気治療などを行います。
除痛・回復促進
2. 固定
患部を安静にさせるために包帯、金属やグラスファイバーなどで固定します。安静にすることが組織を修復する上で最も重要なポイントとなります。臨床にて数多くのケガ(外傷)を診てきましたので、固定期間・固定の強弱などの管理は当院の得意とするところです。
固定
3. リハビリ(後療法)
固定によって動きの悪くなった関節や筋肉の柔軟性を取り戻します。このリハビリは痛みを伴います。その痛みをできるだけ少なく行えるように、当院ではリハビリ専用の温浴装置を用意しています。
また、リハビリもただ関節を動かせばよいのではなく、解剖学的・医学的に豊富な知識と臨床経験が必要な治療です。当院では工夫をしたリハビリ(後療法)を行いますので、湿布をして終わりということはありません。
運動療法を得意とするので、動きの悪くなった関節・筋肉が本来の動きを取り戻せるように治療を行っていきます。日常生活やスポーツへ復帰できるよう最後まで治療させて頂きます。
リハビリ(後療法)